2016-12-28 21:43 | カテゴリ:アメリカヒドリ
【アメリカヒドリ】 American Wigeon


考察なんてほどのものではありませんが、この冬もアメリカヒドリを探して撮った写真やら思ったことなんかを載せようかと。

ヒドリガモの群れが河川敷に上がって草地で食事しているところに遭遇。到着するとちょうど水面から続々と陸地へ上がってくるタイミングでした。

その中に1羽アメリカヒドリの雄が混じっておりました。

以前はヒドリガモとの雑種を撮影していたのですが、どうやら今回は純血のアメリカヒドリ成鳥と思うのだが以前に会った個体だろうか…?

実は2014年の1月に同じ場所でアメリカヒドリの雄で幼羽→第1回生殖羽に切り替わるところの個体を撮影している。

これは完全に私の憶測だけどその時の個体が成長して戻ってきたものではないかなと思っている。
去年はこの川で念入りに調べてないので見ていないが毎年来ていたのかも?

続きに今回撮った写真のほかに昔に撮った写真も載せますのでご参考にしていただければと思います。

DSC_9928.jpg



DSC_9931.jpg



DSC_9800.jpg
これは遠かった…




DSC_9797.jpg
これも遠い…




DSC_9904.jpg
こちらの写真は先ほどのアメリカヒドリの現場より数百メートル上流で撮影したもの。
左にいるのが以前から当地で見かけるヒドリガモとの雑種で当ブログでも2012年12月と2014年1月に登場したものと同じ個体だろう。




DSC_2120_01_201612282111266a2.jpg
そしてこれが2014年1月に撮影した♂幼羽→第1回生殖羽。




DSC_6308.jpg
そしてこちらは上の写真の約2か月後(2014年3月初旬)に撮影したもの。
幼羽がほとんど抜け落ちて雰囲気が成鳥のようになっているが、雨覆がまだら模様なので第一回生殖羽と判断できる。

この子が今回見た個体と同じかな、なんて考えるのも楽しいですね(^.^)
こういう要素が地元を定期観察する良さなんだろうな。

スポンサーサイト
【ジャンル】:写真 【テーマ】:野鳥の写真
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://moguo69.blog.fc2.com/tb.php/242-5f6f9675